透明感ある『ナチュラル』+気品ある『グレース』相反する魅力を持つ人

『ナチュラル』タイプに欠かせない条件・透明感あり「ヌーディーメイク」が似合う

さらっとしたメイクに、シンプルな装いが似合う『ナチュラルタイプは、女性に人気があります。

女性誌でも最近のファッションは、抜け感のあるゆるっとした『ナチュラルタイプのものが多いですね。

長身のパーソナルデザイン『ナチュラルタイプの方ですと、フルレングスのワイドパンツを中心に

抜け感のあるエフォートレスな装いが似合います。

そんな『ナチュラル』に、気品のある『グレース』の持ち味を併せ持つキャリア女性をご紹介いたします。

空気が浄化されるような類いまれなる透明感

 30代、会社員のIさんは、168cmという長身。「パーソナルデザイン・カウンセリング」にいらっしゃったのは、会社の帰りでしたので、ビジネスよりの服装でした。

ブルーベースの色白の方で、白ブラウス+黒ロングカーデ+黒タイトスカートという装いが、大変似合っていました。女優の水野美紀さん似の「クールビューティータイプの女性です。

 仕事もしっかりとするタイプで、話し方も礼儀正しくマナーも心得ており、一見『グレースタイプのように見えます。Iさんも周囲の期待に応えるべく、一生懸命『グレースタイプのように振る舞っていたと言います。

 仕事をまかされるようになり、責任も重くなる30代女性は、どうしても仕事中心のライフスタイルに寄りがちです。Iさんも、ON とOFF のファッションが仕事兼用になり、気持ちの切り替えができず、ストレス解消が上手くいかなかった時期があることを、お話してくれました。

 『グレース』的な雰囲気も持ち合わせているものの、天性のIさんらしさとは「空気が浄化されるような類いまれなる透明感と、シンプルな立ち居ふるまい」にあると感じ、『ナチュラルタイプをメインと診断させて頂きました。

I 様のご感想(当日)

「パーソナルデザイン」を知って、新しい発見がありましたか?

ーはい。自分のパーソナルカラーは知っていましたが、

赤いリップが似合わない、原色だと落ち着かない・・・など、違和感を感じることがありました。

『ナチュラル』タイプMix 『グレース』タイプであることと、

タイプの特徴を知ることで、なるほど!と納得できました。

 

今回の知識を日常でどのように生かせそうでしょうか?

ーON とOFF でのファッションの使い分けや、シーンごとに見せたい印象を生かしていければ、と思います。

クローゼットの中もすっきりしそうで、洋服選びが楽しみです!

 

その他、ご自由に感想をお願いいたします

ー【マチュアリズム】さんのHPを拝見して、『ナチュラル』や『クール』に憧れていましたが、

『ナチュラル』タイプだったので嬉しかったです(*^^*)。

また、今回診断を受けさせて頂いたことで、自分にない要素

(『フェミニン』、『ロマンス』、『ガーリッシュ』など)もすっぱりあきらめることができました。

やはり、ないものねだりで憧れていたので___(^^;

自分の良さを、今後追及していきたいと思います。本当にありがとうございました!

(30代・女性・会社員)

受講後、3週間ほどしてI様より大変ご丁寧なご感想をメールで頂戴しました! 全文、ご紹介させていただきます。
I様ご感想①
「パーソナルデザイン・カウンセリング」のご感想

★オンとオフを分けることについて

自然体でカジュアルな『ナチュラル』と品があってきちんとしている『グレース』。一見真逆なタイプですが、オンとオフで上手く使い分けるとのご提案は目から鱗が落ちました!真逆で困る、と思うより、お互いに得意と苦手を補えると考えれば良い組み合わせですね(*^^*)

ちなみにこれまでの私は、オンは『グレース』、オフも『グレース』・・・とても疲れました。

実は、カウンセリングを受ける前に、各タイプの特徴を調べて自分のタイプを予想していました。『ナチュラル』は予想外でしたが、『グレース』は「品がある」「真面目そう」と言われるため、何割かは入っていそうだと予想していました。

(ただし、「背高いね!」「何かスポーツやってた?」と言われることの方が多いので、やっぱりナチュラルなのだと後で思いました(笑))。

特に仕事で『グレース』タイプの特徴を持たれることが多く、内面とのギャップを感じていました。

例えば、先生が先日の記事に「雰囲気に合わない言動を繰り返したり___」と書かれていたように、私も以前、敢えて雰囲気を崩したり、笑いを取ろうとしたりと失敗をしていました。その内、仕事中にどう振る舞えばいいのかわからなくなり、度々息苦しさを感じることもありました。

他にも、以前勤めていた会社の上司からは常に高嶺の花でいるよう、苦しみに耐え、高いポジションに上がるよう求められました。

それに対し、私は高嶺の花や管理職となるような器ではないと思っていましたし、自分が好奇心を持って取り組めることで、誰かを楽しませたり喜ばせたりすることを望んでいたので、何の価値も見出せませんでした。

また、特に仕事中心の生活をしていた時は、オフに着る服が会社と兼用でした。何だかリラックスできず、プライベートの友人と会った時もつい仕事の話をしてしまったりと、服装のオンオフをつけていないことも影響していたのかもしれません。

診断後、恐らく『ナチュラル』の自分が埋もれて、自分が持っている『グレース』よりも強く出そうとしすぎて疲れてしまったのかな?と考えたら、なんだか腑に落ちた気がしました(^-^;

ただ、「信頼されたい」「品のある女性は素敵。私もそうありたい。」という想いも確かにあり、『グレース』の要素が強すぎると疲れるけど、〔『グレース』の魅力も持っている『ナチュラル』な自分〕を上手く表現していきたいと思っています。

 

__★facebookで「石田ゆり子さんに似ている」というコメントについて

石田ゆり子さんに似ているとは、あまりに畏れ多く・・もったいないお言葉です。年齢を感じさせないピュアな雰囲気や透明感と大人の落ち着きを併せ持つ方で、あんな風に歳を重ねられたらと願う理想です。

『ナチュラル」タイプの魅力を持っているとのこと本当に嬉しいです!今はまだ、上手く表現できていないかと存じますが、次回の「パーソナルアクション」セッションを経て、自分の良さを磨いて行けたらと思っています♪

それでは、またお会いできるのを楽しみにしております!どうぞよろしくお願いいたします。

I様、丁寧で素直なご感想、非常に嬉しく存じます。ありがとうございました。 その2週間後、「パーソナルアクション」のセッションを受講して下さいました。ヘアスタイルをチェンジ、大変身され大変お似合いでした^^! 続けて、ご感想を全文ご紹介させていただきます。大作です!!
I様ご感想②
「魅せ方の法則*パーソナルアクション」のご感想

早速ですが、「パーソナルアクション」の受講後、これまでと考え方が変わったり、ご教示いただいたことで肩の力が抜けてホッとしたことがいくつかありましたので、お目通しいただければ幸いです。

 

まずは、自分の内面に合わせて、外見を変えて良いのだということです。今までは、意識的に外見を表現するときは「こんな人間になりたい」という理想があって、それに沿うような外見にするよう気を配っていたように思います。

所謂、形から入る方法です。また、他者から「私の外見への印象はこうだから振る舞いはこうしなさい」と指摘を受けたこともありました。いずれの方法も外見に合わせて内面を変えようとする方法で、常に無理をしているため、息苦しさを感じると同時に本来の自分の内面を否定し、違う自分になろうとしたことで、何時まで経っても自分自身を認めることができずにいました。

私は、パーソナルデザインが『ナチュラル』・『グレース』で、パーソナルアクションが『ナチュラル』・『グレース』に『クール』が加わっているとのことで、外見と内面でのギャップはあまりない方かとは思いましたが、それでも常に『グレース』100%でいるのは疲れてしまうと思います。

大自然より、お寺や図書館が好きだったり、一人の時間を多くとりたい性質や、興味のあった学科や選ぶ職業など、『クール』な性質を持つ自分も確かに存在しています。

外見にはあまりない要素ですが、ご教示いただいたようにシーンによって使い分けつつ、『クール』な自分の一面も上手く表現できたらと思っています。

一方で、少し嫌だと思っていた『グレース』が好きになってきたように思います。品のない行動をしている方を見かけると目を背けたくなりますし、テレビで皇族の方々の気高く慈愛に満ちたご様子を拝見すると、伝統や品の大切さを思い知ることができます。

常に『グレース』でいられるほどの力量はなく、他の個性を持った自分もいますが、気高く相手への礼節を忘れない女性でありたいと願っています。

このように、自身が持ち合わせているいくつかの内面に合わせて、外見を比較的自由に魅力として表現できるようになることは、私を凝り固まった考えから解放してくださったと感じています。

 

次に喜ばしかったことは、人生に望んでいることを改めて実感できたことです。私の求めている生き方は「自由」とのことでしたが、すんなりと受け入れることができました。

振り返ってみると、学生時代の挫折経験からその傾向が表れていたように思います。学問は好きでしたが、今時珍しいくらいガチガチに縛られた校則や、マウンティングしあうクラスメイト、ひたすら頭に知識を詰め込み、点取り合戦になっている学習法等がとにかく合いませんでした。

また、仕事は好きですが目的が富や名誉ではなく、楽しいと思うことをやりたいと思っています。(やっている内に楽しくなることも含めます。)それは、厳密に「これじゃないといけない」という、具体的かつ拘りの強いものではありませんが、それでも自分で決めたいのです。素直にレールに乗っていれば、楽だと思うのですが、乗れないので、開き直って乗り越えるしかないと思っています。

また、ライフイベントについても自由なのかもしれません。例えば、結婚という形に限らず、この人とと思える人とパートナーシップを築きたいと思っていますが、昔から子供は別に欲しいと思わないのです。(子供は好きですが、自分の子供が欲しいと思う感情とは別問題で、人生の優先順位が低いためです。)

 

昨今では、多種多様な生き方が認められるようになり、生涯を独身で仕事や趣味に生きる人や、敢えて子供を作らない夫婦、事実婚や同性愛カップルなども増えていますが、やはり男女で結婚して子供を作るという生き方を好む人が、最も多いように感じます。結婚して子供を産んで幸せそうな友人を見て、同じように生きることを本心では望んでいないにも関わらず、それに合わせないとと焦ったこともありました。(友人と変わらず仲良くしていたかったからでしたが、本当に大切な友人なら同じ生き方をしなくても、一時的に離れてしまっても、また友情を築いていけると思っています。離れてしまうならそれまでです。)

今では、自分と相手にとって一番良い形を選べたらいいと思っています。  受講後、このように世間ではまだマイノリティな生き方を好む自分を以前より肯定することができるようになりました。

 

最後に、報告ですが新しい仕事が決まりました!

今までの経験も活かせて英語が使え、向上心を持って仕事に取り組める環境です。理想の環境だったので緊張しましたが、『グレース』+『ナチュラル』を意識して、信頼感と少しの親しみやすさを出せば大丈夫だと思い選考に挑みました。

先生が「30代は最も苦しみ、もがく年代」とおっしゃっていた通り、30代に入り、私は社会的立場から見ると転落して、パートナーもおらず、今後の人生を手探りで模索してる状態です。しかし、未来に不安を感じ、安心だけを求めて、怖くて挑戦することもできなかった20代の頃より自由に生き始めています。だからこそ、これからの苦労が実りあるものになるよう精進いたします。

 

それでは、この度は本当にありがとうございました。

先生は甘く女性らしい雰囲気もお持ちなのに、それが邪魔になるときは、捨ててしまえる潔さがあり、かっこ良い女性だと憧れております。またお目にかかれる日を楽しみにしております!

ナチュラル

欲しい現実を引き寄せたI様、その秘訣は・・・

I様のご感想、あまりに素晴らしく大作なので、全文そのままでご紹介させて頂きました!本当にありがとうございます。

そして、転職おめでとうございます!!!得意、かつ大好きな英語を使えるという環境を、見事に引き寄せましたね。そこにはI様の大きな気づきが関係しているんです。

自分の内面に合わせて、外見を変えて良いのだ___これが「パーソナルアクション」を受講して、I様が得た最大の気づきです。それまでは、周囲の期待やご自身の思い込み(かもしれない)のイメージに引っ張られ、常に気の抜けないファッションとふるまいがセットになっていたのです。

しかし、I様は内面の大事にしている価値観をじっくりと洗い出し、向き合うことで自身の内面にある価値観を外側へ表現することの重要性に気付きました。『ナチュラル』を認めることで、これまで好きになれなかった『グレース』タイプの長所が、俄然、輝き出しました。今後は、ON とOFF 2つのタイプのファッションを楽しみながら、自身の内面に正直に振る舞い、行動することができるようになるでしょう。

転職は、そんなI様のリ・スタート。第一歩です!これからの将来が本当に楽しみです。また、いつか再会できる日を楽しみにしております。ありがとうございました。