『キュート・ボーイッシュ』+『アヴァンギャルド』Mix タイプの魅力

❖『アヴァンギャルド』タイプは『ファッショナブル』の小型版ですか?

❖『アヴァンギャルド』タイプはなぜ『キュート』なのですか?

そんな疑問を持たれるお客様は少なくないようです。

 

今日、実際のお客様を通じて、『アヴァンギャルド』の持ち味についてご紹介していこうと思います。

『ボーイッシュ』的な持ち味とMix される方は意外に多く、決して突飛な外見というわけではありません。

『キュート』らしさがあり、女性らしさもあり、一見ガーリーにも見えるのですが、『ボーイッシュ』です。

個性的でスパイスを効かせたようなこの持ち味について、じっくりとご紹介します。

「本来の自分」と「社会で生きるために作り上げたもう一人の自分」の狭間で

Y様、身長はごく標準で中肉中背タイプです。お写真の通り、とてもチャーミングでお綺麗な方です。一見『キュート・ガーリッシュ』・・・?と思うほど、女の子らしい持ち味。「パーソナルカラー」診断では『スプリング』、骨格診断では『ウェーブ』と診断されたそうです。

『スプリング』➡『ウェーブ』、そして、このキュートな外見です。社会で生きていく上では『ガーリッシュ』が似合いそうだし、都合が良い。だけど、本当は『ガーリッシュ』は好みではない・・・そんな風に、迷いのループの中に入り込んでいた状況でした。

「本来の自分」と「社会で生き抜くために作り上げたもう一人の自分」との間に乖離があり、社会の方を優先させているうちに、自分が何者かわからなくなってしまった____

ファッションは自分らしさを表現するツールでもあります。そして、服は肌に直接触れるものであり、一番外側の皮膚です。気持ちに合わないもの、内面の思いと反するものが直接肌に触れていて心地よいはずがありません。

Y様は、どちらかと言えば、マニッシュな『ボーイッシュ』的装いに、ぴりりとした辛口のエッセンスをプラスした持ち味が好みだったのです。

今回「PD+PA」のセッションを通じて、社会に合わせていた自分自身に気付くことができました。「自分自身がどうなりたいのか」を改めて再発見することができたのです。大きな収穫でした!

Y様・当日のご感想

◆パーソナルデザインを知って、新しい発見がありましたか?

自分が好きと思うものと、似合うと言われるもののギャップがありましたが、

「パーソナルデザイン」を知ってそのギャップが埋まったような気がします。

また、自分が何が好きなのか、実はあまり分かっていなかったことに気づきました。

自分が目指したいもの、好きなものがはっきりとしたことが非常によかったです。

 

◆今回、知った知識を日常でどのように生かせそうですか?

ファッションについてもそうですが、自分の「好き」がわかってきたので

日常生活においてもそれを少しずつ出していきたいと思います。

何となく自分の好きなスタイルは自分には似合わない、自分の世界にはないものだと思っていましたが、

自分のものにしていきたいと思います。

 

◆その他、ご自由に感想をお願いいたします!

ファッションも生き方もどうすればよいのか行き詰まっていましたが、

カウンセリングを通して自分と向き合うことができたと思います。

今の段階では、まだ迷う事や考えることもたくさんありますが、

何となく方向性がわかってきたのは、大きな収穫です。ありがとうございます!

(30歳・会社員)

 

   ◆

Y様は、とてもチャーミングで『キュート・ボーイッシュ+アヴァンギャルド』らしい持ち味をたくさん持っている方でした。

ガーリッシュなファッションも似合ってしまうからこそ、余計に迷ってしまうところがあるのでしょう。

ある程度、社会で生きやすくするための武装は必要ですが、

内面にストレスを感じるほど、誰かのため、社会のために装う必要はありません。

これからは「自分らしさ」を表現する楽しさを知ったのですから、自由に冒険してくださいね。

「パーソナルアクション」のご感想を頂きました!

1週間後、Y様からメールでご感想が届きました。大作です!全文、ご紹介させていただきます。

 

「何を着ればいいのかわからない」は「自分がどうなりたいか分かっていない」でした。

パーソナルデザインカウンセリングとパーソナルアクションを通して、自分がどうなりたいのか気付けたことが大きな収穫です。

 

そろそろ年相応の格好をしなきゃ、と思ったときに「年相応=似合う」と考えパーソナルカラーや骨格診断を受けましたが、

好きと似合うが乖離していて自分の中に「スプリング・ウェーブ」をなかなか落とし込めませんでした。

好きじゃなくても着ていればそのうち好きになるかも?なんだか周りとズレている自分が社会で生きていくためにつくりあげたもう一人の自分は

「スプリング・ウェーブ・ガーリッシュ」が似合いそうだし、いっそのことそっちに振り切った方が生きやすいかもしれない。

でもパーソナルデザインなるものがあると知り、さらに先生の「好きを無視しない」「内面にある価値を表現」という言葉に惹かれ

これで好きと似合うに折り合いがつけられるかも…と思い、申し込みました。

どうなりたいかわかっていないからどうしたらいいかわからず、結果、職場では特に好きでも似合ってもいないものを身に着け、

身なりにもう少し気を使った方が…と言われてしまっているのだろうな、と思います。

 

内面はクールタイプだと説明を聞いて、とても納得したというか腑に落ちたというか、まさにと言いますか・・・ああそうそう、私ってこんな人だった、と思い出したようでした。

また、外界に関心を持たずに自分の中の世界だけで生きていましたが、あるとき、周りとの衝突の多さに嫌気が差したのと同時に、このままでは社会で生きていけないと危機感を覚えました。それを改善するために本来の自分を抑え込み、試行錯誤を繰り返し作ったのがもう一人の自分(天然お馬鹿キャラ)なのですが・・・堂々と個性を前面に出して受け入れられている(ように見える)アヴァンギャルドな人たちがとても羨ましく、自分もそうなりたいと願っていたのだ、ということにも気付きました。

好きな芸能人を挙げたときに、皆さんアヴァンギャルドたと聞いて少し笑ってしまいました。私こうなりたかったんだ、知らなかったな、と。

幼少期から珍獣扱いされることも多かったのですが、人とは違う何かを好むのもアヴァンギャルドな一面だったのかもしれません。

 

いつも何かを選択するとき、「本来の自分」と「社会で生き抜くために作り上げたもう一人の自分」のどちらが判断を下せばいいのか迷っていました。

特に最近は本来の自分よりもう一人の自分を優先させてきましたが、どんどん自分が何者かわからなくなっていき、自分で自分を袋小路に追い込んでは身動きが取れなくなっていました。

あっという間の4時間で、ほとんど人生相談になってしまいましたが、見えていなかった自分が見えるようになり、迷路から脱出できそうな気がしています。

なんだか知らぬ間にステイタスに執着しているようでしたが、自分らしく生きることができれば、自然とその先に求めているステイタスを手に入れることができるのでは考えるようになりました。

これから先、また考え方が変わっていくかもしれません。よく「20代より30代が、30代より40代が楽しい」などと耳にしますが、先生の仰る通り、紆余曲折して本来の自分にもどっていくのかもしれません。

もう一人の自分に頼りがちでしたが、本来の自分もまた同じように大事にしていきたいと思います。

 

『ボーイッシュ』と『アヴァンギャルド』というキーワードが、外見と内面のギャップを埋めてくれそうです。内面を外見に反映させるということが自己開示のひとつであり、それがうまくできるようになれば、きっともっとファッションも自分自身も楽しめるのではと期待しています。

アヴァンギャルド✖通勤服が気になるところです。フォーマルなども。

資料もとても楽しみにしています。本当にありがとうございました! (30代・会社員・女性)

Y様、こんなに素晴らしい気づきを得られたこと、とっても嬉しく思います。素晴らしいご感想も本当にありがとうございました。 「自分らしさ」を堂々と表現して下さいね。ファッションを楽しむことは、きっと人生を楽しむことにつながっていくはずです。 Y様の今後のご活躍を心から応援しております。またお会いできますように____(^_-)-☆

「パーソナルデザイン」で似合うファッションを知り「パーソナルアクション」で個性と魅力を知る___セット受講がおすすめです!