新!醸し出す雰囲気を360℃方位で究明する「パーソナルアクション®」
リピーターのお客様向けの特別なセッション。占星術と絡めて人生の使命へアプローチ!

360℃方位で魅力を究明

当サロンの一番人気、オリジナルセッション

パーソナルデザイン・カウンセリング」+「パーソナルアクション®」 を受講された方へ向けた新しいセッションが登場しました!

 

360℃全方位で、魅力を究明していく「パーソナルアクション®」に特化したセッションです。

占星術の「月星座」の欠損、土星の課題などを、「パーソナルアクション®」の「光」と「影」になぞらえて解説していきます。

たっぷり読み応えのある、あなただけのオリジナル読本付。何度でもお家で読み返して復習できます。

「パーソナルアクション®」の理解を深める

サンプル

「パーソナルアクション®」の要はコミュニケーション

 あえて断言します。「ファッションは外側の鎧に過ぎず、あなた自身の魅力を高めるほどの効果はありません」なぜならば、他者の脳裏に残る「あなた」とは、例えば、こうしたキーワードとしてインプットされます。きれいなお姉さん、いつも感じの良い人、笑顔が素敵な人、積極的に話しかけてくれる人、フレンドリーな人、話題が豊富な人、静かな人____

 あなたがファッションモデルや、芸能人でもない限り、毎日着ている服のことをじっと観察している人は、ほぼいないと言ってよいでしょう。他者が見ているのは、その人の雰囲気に合った装いをしているかどうか、TPOに合っているかどうか・・・そうしたことを瞬時に察知して、毎回会うたびにその人に合っていると感じられると、「センスの良い人だな」、「素敵だな」と感じます。重要なのは「らしさ」と「TPO」ということです。

 しかし、それさえもあなた自身のコミュニケーションのパワーにはとうてい及びません。「パーソナルアクション®」の要とは、まずはコミュニケーションにあります。すべての人がフレンドリーであることを長所にする必要はありません。人にはタイプというものがあり、外向的な人も内向的な人もいます。おしゃべりな人も静かな人も、それは個性であり、それぞれに優劣はありません。

「感情」「思考」「感覚」に敏感になる

 私たちは、普段様々なことを感じたり、考えたりしていますが、特に大事な局面や重要な決断を迫られた時などに、優先的に頼る器官というものがあります。

これが「感情」「思考」「感覚」です。

 ある人は、「好き」か「嫌い」かが非常に重要な要素となります。なぜ、その選択をしたの?と聞かれて「よくわからない。好きだから」と、答えることの多い人。「感情」が優先されるタイプの人は、醸し出す印象が情熱的ですしコミュニケーションの取り方にも、個性が現れます。

 また、ある人は、自身の経験値を基準にします。よくわからない、目に見えないスピリチュアル的なことを基準にするのではなく自分自身の「感覚」に沿った決断をします。「カラダ」感覚に優れている人が多いです。理屈では動かない。答えは自分の中にある_____という信念を持っています。

 そして、ある人は、大事な決断をする時に冷静に分析し、思考で決断します。感情はすぐに消えるし、一日で変わるものなのであまり信用できない、と思っているからです。このタイプは、論理的思考型と、直観型に分かれるようです。「直感」は「感覚」を研ぎ澄ませた先に通じる感覚ですが、「直観型」というのは、これまでの自分と全く違う決断をすることもあり得るという意味で、「感覚」を重要視する人には、理解しがたいところがあるかもしれません。

 この3タイプは、醸し出す印象に大きく左右します。

言葉はウソをつく。知覚と行動心理を重視します

 カウンセラーという仕事は、全身を耳にし、お客様の語る言葉を聴く仕事です。しかし、同時に、診断に入る際には常に「言葉は簡単にウソをつく」ということを前提に、お話を伺っています。

 人は誰でも自分自身に対する自己イメージというものがあります。同時に、他者から求められるイメージというものを敏感に察知し、そこに極端な齟齬を生まないように振る舞っています。無意識にそうする場合もあれば、意識的に行動している場合もあります。

 ある人が「私は恋愛体質なのです」と語ったとします。それは本人にとっては事実であり、嘘ではありません。しかし、その言葉をそのまま事実として診断することはできないということです。その言葉からわかることは、少なくとも本人はそのように思っているということです。また、そのように見せたい、という可能性もあります。

 言葉とは、その人の解釈が入っているもので、表現という分野なのです。一方で、反応はウソはつきません。感覚器官を通じて、外界の事物を見分け、とらえる働きを「知覚」と呼びますが、こちらは有意な器官があるという事実があるだけで、嘘をつけません。

 こうした「知覚」と「行動心理学」の方を重視しているのが「パーソナルアクション」のセッションです。特に、今回のリピーター様向けの新セッションでは、「知覚」と「行動心理学」の方面から深く診ていきます。きっとあなたは、自分でも知らなかった自分自身に出会えることでしょう。

人生脚本__人生のシナリオを書き換える

 心理学の「交流分析」では、幼い頃に何度も味わった苦痛な体験や、両親から自然に受け取っていた態度や交流などを、子供の視点からとらえ、できるだけわかりやすい言葉に言い直す、というワークをします。

 これを「禁止令」とよびます。「禁止令」には、色々なものがあります。

 両親が常に忙しくてかまってもらえなかった、泣いても無視され続けて育った子供はどんな「禁止令」を持つでしょうか。「お前が男の子だったらねぇ」と、何気なく母親がつぶやいた一言が一生忘れられない、ということもあるのです。「女であってはいけない」という「禁止令」を持った女の子は、思春期になった頃から周囲の女の子たちと比べて自分が健全に成長していない__と思うようになるかもしれません。

 「お前は何をやってもダメだな」、「そんな大それた夢を持つんじゃない。どうせ叶わないんだから」と言われ続けてきたり、そうした態度を持った両親の背中を見て育った子供は知らず知らず「成功してはいけない」という「禁止令」を持つことになります。

 私たちには、どんなに普段明るくふるまっている成功者であっても、多かれ少なかれ、「傷ついている子供」の感情が、深い部分に眠っています。あまり信じたくないことかもしれませんが、誕生して大体2年間で感じたことによって(覚えていない時期なのですけどね・・)自分が基本的に愛されているのか、そうではないのかを学び取ります。この時期、子供は両親の行動に頼るしか生きる術がないために、この時期に基本的信頼感、基本的不信感が生まれます。幼少のころにすべてが決まってしまうなんて誰も信じたくはないですよね。ですから、ある時期に見つめなおす必要があるということです。

自分を主軸にできない生き方は「影」を生きていることになる

 コインの表と裏のように、ある性質を持てば、必ずそこには長所と感じられる部分と短所と感じられる部分があります。

 「パーソナルアクション®」では、「パーソナルデザイン」の持ち味をストレートに生かせる個性を「光」。生かし切れていない部分を「影」と考えます。

 しかし、「影」の部分が必ずしも短所ということではありません。「影」となる持ち味がそのまま個性となる場合もあります。ただ、その場合には内面と外見にはギャップを感じさせる、ということになります。ギャップを生かすも殺すも、あなた次第です。ギャップを魅力に変えるためには、自身のパーソナリティを知ることと、他者へ表現するための戦略が必要になります。

 人は優しい人を好ましいと思いますが、誰にでも公平に優しさを表そうとすると、それは「断れない人」という印象を与えることになります。また「優柔不断な人」と思われるかもしれません。多くの女性は「優しい人が好き」と言いますが、本当にそうでしょうか。嫌われたくないという気持ちが強すぎると、逆に相手からは舐められる可能性もあります。

 自分を主軸にできない生き方は、どのタイプにおいても「影」を生きていることになります。「光」に向かうための戦略を知ることも、セッションでは重要な役割となります。

「月の欠損」と「土星の課題」を人生とリンクさせる

 私たちが生まれた頃に最初に持つ世界観が「月星座」の個性となります。そのため、「月」こそ自分らしさであり自分の本質であり、大事な感情を現わしているものだと思いやすく、後生「月」の個性を大事にしている方が非常に多いと思います。

 しかし、真実はそうではありません。月は欠損___最初に知った時、私は衝撃を受けました。同時に非常に腑に落ちることとなりました。「月は欠損」であり幻想なのです。たった一つ持ちえないあなたの才能が「月」の現わす個性なのです。「月」はノスタルジーであり、子供に還ってゆく大事な場所のような感覚があります。しかし、そこにとらわれているとあなたがこの人生で得たいものは得られず、人間としての成長・進歩はありません。

 人生に繰り返し現れる問題、とりくまなければならない課題は「土星」が示しています。「土星」は晩年を表す星座なので若い頃には逃げ切れても、決して逃げ切れることはありません。繰り返しあなたの人生に現れて本来の使命に向かう道を阻みます。「月の欠損」と「土星の課題」は、あなたの使命を歩む上で大変重要なものになります。あなたらしさを現実に表現する「パーソナルアクション®」と絡めてセッションを進めていきます。

MENU
新!醸し出す雰囲気を360℃方位で究明する「パーソナルアクション®」

❖ それぞれのタイプごとの「パーソナルアクション®」の特徴・「光」と「影」について

 他者からの印象を左右する要は、実はコミュニケーションタイプです。その人らしさ、魅力がうまく行動として表現されていると、輝きが増します。(➡「光」を生きている場合)一方、「影」を生きている場合は「パーソナルデザイン」の個性が他者に輝きとして反映されていません。

参考:「パーソナルデザイン、醸し出す雰囲気の謎を解明します

 

❖ 「月の欠損」について

 「月星座」の持つ特質は、あなたが生まれた時に最初に獲得する世界観であり、その性質は実は欠損である(マドモアゼル愛氏の提唱する「月の欠損」理論に基づく)という衝撃的な理論をもとに、あなたの才能を考察していきます。見誤ると、一生自分らしい人生にたどり着けないで迷子のまま森を彷徨い、青い鳥を探し続ける人生になりかねません。

参考:「パーソナルデザインの影と月星座__月の欠損について理解する

 

❖ 人生脚本を知りシナリオを書き換える

 「三つ子の魂百まで」という諺はシンプルであり、かつ重要な概念です。あなたの人生に繰り返し現れる問題点をしっかり見つめましょう。ここは「土星」の課題ともリンクしています。見ないフリをしても逃げ切れるものではありません。必要とあれば、あらたな「人生のシナリオ」を書き換えて新しい人生を歩み始めましょう。

 

❖ 人生の使命について

 「月の欠損」、「土星」の課題を知ることで、あなたの生きる道筋、目指すこと、伸ばすべき才能、持ちえない才能の理解が進みます。その上で、あなたがこの時代を選んで生まれてきた意味、達成したいことについて深く考察していきます。

 

メニューには変動があります。その方の現在地を確認し重要なテーマにフォーカスします。

完全パーソナル(予約制)

*お申込の際、いつ「PD+PA」セッションを受講されたかをご入力下さいませ。

 約3時間 ¥35,000.-(税込・フィードバック込)

 ⇒フィードバックは基本的に1週間以内にご送付します。メールで文章のみです。

 

推奨 詳細な資料付 ¥50,000.-(税込)

 ⇒ご自身のタイプを特徴づける「パーソナルアクション®」について、各方面から詳細にお伝えします。

全てオリジナルで作成のため、3~4カ月ほど頂きます。PDF資料を添付でご送付します。何度でも読み返せて読み物としても興味深く非常にお勧めです!

 

※2021年開講。このセッションを受講された第1号のお客様のご感想をこちらにUpしております!

当サロンのセッションを初めて受けられる方へ

当サロンのセッションはすべてカウンセリングによる「パーソナルデザイン」を重視しています。

最初にお申込になる際に、迷うことがあるかもしれません。そういった時に簡単な基準を下記に示しておきます。

 

パーソナルスタイリング

◆「パーソナルカラー」を知りたい、ベスト色を知りたい、と思われたらこちらのコースがおすすめです。「パーソナルカラー」診断の入っているトータルな入門コースが「パーソナルスタイリング」です。

「顔相」から見たメイクポイント、メイクアドバイス、似合うアイシャドウやチーク、リップのお色のアドバイスなども含みます。似合うファッションの形、柄など、具体的なアドバイスが欲しいという方にもお勧めのコースです。

◆アラフォー世代以降のマチュアな女性におすすめのコースが、「アラフォー世代からのパーソナルスタイリング・魅力フルコース」です。パーソナリティ診断からお似合いの香りアドバイス、嬉しいヘアフレグランススプレー付き!

 

「パーソナルデザイン+パーソナルアクション®」コンサルティング

「パーソナルデザイン+パーソナルアクション®」コンサルティング は、当サロンのオリジナルであり、他所で受けることのできない特別なセッションです。

パーソナルデザインとは・・・個人の持ち味、個性、魅力について、その人の外見印象、背景印象から診断していくものになります。結果として似合うファッションを知ることができますが、「顔タイプ」診断、「骨格診断」のように、似合うファッションを知ることがゴールではありません。

他者から客観的にどう見えるのかを知り、自身の持ち味を生かしたい、最も魅力的に見える個性を生かした装いを知りたい、という方に大変喜ばれています。

このコースは「パーソナルデザイン」に特化したセッションのため、「襟の形や特定の柄が似合うかを知りたい」など、具体的なアイテムを知りたいという方にはあまり向いていません。

カウンセリング形式のセッションとなっており、自己開示をされる方ほど深いセッションになります。つまり、より多くの情報を得ることができるということです。

 

パーソナルアクション®とは・・・当サロンでは、「パーソナルアクション®」とセットで「パーソナルデザイン」を見ていきます。多くの人たちが自身の個性を把握しておらず、「売り」がどこにあるのかを知らないでいます。「パーソナルアクション®」とは、その「売り」を見つけていくセッションだと言えます。

その人の置かれている環境、志向性、内面にある思いなどを深く探っていくと、大事にしている価値観というものが浮かんできます。そこの部分こそ「その人らしさ」、「個性」となるものです。そこを知らなければ、表現することすらできません。

「パーソナルデザイン」で外側に現れている部分は本で言えば「表紙」であり、その「表紙」で本当によいのか、ベストな自身を表現しているのか、他者からの印象などをより深く知ることが「パーソナルアクション®」であると言えます。

 

※さらに深く学びたい方におすすめのコースは「パーソナルデザイン・コンシェルジュ養成講座」です。2日間でコンパクトに学べるおすすめコース!修了書を発行します。

ACCESS

東京でパーソナルデザインをお考えなら当サロンをお試しください

東京でパーソナルデザインを手掛けるマチュアリズムは、お客様からのご相談をお伺いし、一人ひとりに最適なサポートを行っていますので、お困りの事がございましたら、お気軽にご相談ください。 東京でパーソナルデザインを行う当サロンは、JR品川駅より、徒歩8分でお越しいただける立地にあります。
マチュアリズム写真
店舗名 マチュアリズム
住所 東京都港区港南2-12-28
電話番号 080-3466-5325
営業時間 11:00 22:00(完全予約制)
定休日 不定休
最寄駅 品川駅
お気軽にお電話ください
080-3466-5325 080-3466-5325
11:00 22:00(完全予約制)
東京都港区港南2-12-28

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。